会津小鉄会分裂騒動

●二つの会津小鉄会

■七代目会津小鉄会(金子派) ■七代目会津小鉄会(原田派)

●分裂騒動詳細

【平成29年1月10日】
六代目会津小鉄会の定例会に、六代目山口組三代目弘道会若頭補佐野内正博野内組組長)、三代目司興業組長森 健司淡海一家若頭上野 隆らが乗り込み、会長馬場美次に引退を迫ったが断られた。そこで六代目山口組サイドは会津会館を占拠し、若頭原田 昇を七代目とする旨のFAXを関係各所に送付。
原田.jpeg
馬場美次会長はそれに際し、即日のうちに直筆の署名を添えて先のFAXは偽物であるとする旨の訂正とお詫びを関係各所に送付。
訂正とお詫び.jpeg

【同年1月11日】
この事態を受け神戸山口組は混成部隊を編成し会津会館に乗り込み、事実上、会館を占拠していた若頭原田 昇を排除する。
同日、改めて馬場美次会長から全文直筆の通知文が関係各所に送付される。
ご通知.jpeg

【同年1月21日】
いろは会本部で七代目会津小鉄会の継承式典が執り行われる。
取持人は九代目酒梅組組長吉村光男が務め、七代目会津小鉄会総裁には馬場美次、会長には金子利典、会長代行に道原利光、副会長に岡田 滿、若頭に新原 徹、本部長に楳村静雄らが名を連ねた。

【同年2月7日】
心誠会本部にて原田 昇を会長とする七代目会津小鉄会の盃儀式が執り行われる。しかし、六代目より引き継いだ継承物は皆無だった。
六代目山口組から後見人に竹内照明(三代目弘道会会長)、取持人に江口健治(二代目健心会会長)、見届人に津田 力(四代目倉本組組長)、高野永次(三代目織田組組長)、薄葉政嘉(十一代目平井一家総裁)、野村 孝(三代目一会会長)、立合人に森 健司(三代目司興業組長)、杉山志津雄(三代目愛桜会会長)、山下 昇極粋会会長)、鈴川驗二(六代目早野会会長)、吉村俊平(四代目吉川組組長)、新井錠士(二代目章友会会長)が顔を揃えた。

●六代目会津小鉄会による処分
原田 昇臼井昭夫岡山 満以上三名は平成29年1月10日絶縁
瀧 宗八岡田一誠前田 剛以上三名は平成29年2月2日破門

●京都府警の見解
京都府警は現在、並立する「七代目会津小鉄会」を認めておらず、「六代目会津小鉄会」の「内紛」の継続という見解をとっている。ゆえに、「会津小鉄会」の首領は、以前と同様、「馬場美次」であると主張している。つまり、両派ともに当局の「指定」を受けている状態である。
【平成30年4月19日】
京都府公安委員会は30年4月19日、指定暴力団「六代目会津小鉄会」の名称を「七代目会津小鉄会」に変更する、と公示した。代表者を傘下組織「いろは会」の金子利典会長とし、事務所所在地を現在の下京区岩滝町から左京区一乗寺塚本町とした。
京都府警の説明では、六代目会津小鉄会が分裂状態にあることやその活動実態を踏まえ、変更公示が必要と判断した。


この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2019-06-10 17:53:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード